地域ごとに特徴がある

クジラ肉を食べてみよう

長野県のふるさと納税の中に、クジラ肉セットはあります。
尾肉や赤肉、皮といった定番の部位からベーコン、サエズリといった希少なものまで含まれているので、それだけでクジラ肉を堪能できます。
昔は頻繁に食べられていたクジラ肉ですが、今は食べる機会が減っています。
今まで食べたことがない人もいるでしょう。
特に希少なサエズリという部位は、脂身が多くおいしいと言われています。

クジラ肉を煮付けにすると、長期間保存できるようになります。
レシピサイトに調理方法がいくつかあるので、ふるさと納税の返礼品でもらったら調べてみましょう。
希少な部位もあるので、調理に失敗して台無しになったらもったいないです。
きちんと調理方法を確認してください。

シカやイノシシの肉

最近はジビエ料理といって、シカやイノシシの肉を使った料理が流行っています。
ジビエ料理の専門店も登場していますが、自宅で簡単に味わいたい人がいると思います。
スーパーで購入するのは難しいので、ふるさと納税を利用しましょう。
長野県のふるさと納税に、猪鹿鳥セットというものがあります。

イノシシとシカのスタミナ焼きと、ウズラと生地の肉がセットになっています。
すでにイノシシとシカは調理されているので、届いたらすぐ食べられる面がありがたいですね。
1つのふるさと納税で、様々な動物の肉を堪能できるので多くの人に好まれています。
珍しい肉を自分で調理することに自信がない人は、このように調理済みの返礼品を選択すると良いでしょう。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c